断捨離

僕は片付けが苦手です。

 

でも、最近は少しはマシになったかな??と思います。

 

学生時代は6畳のアパートに住んでいたんですが、当時は地元の仲間が連絡もなしに突然ウチに遊びに来ることがよくありました。

 

インターホンが鳴って、ドアが2,3回ノックされた後、鍵が開いていれば勝手に入ってくると言うノリです。

 

そんな時に部屋がホントに足の踏み場もないような状態で、めちゃくちゃ恥ずかしい思いをしました。ま、そんな時は車でドライブに出かけたりしてましたが。

 

社会人になってからも定期的に掃除はするんですが、すぐに元どおり散らかってしまう。

出かける時に鍵がなかったり、財布がなかったり、約束の時間が迫って来て、必死こいで見つけるんですが、その頃にはもう汗だくってこともしょっちゅうでした。(今でもたまにありますが。。。)

 

ものを探す時間というのは何も生みません。

ただイライラ、ハラハラして、汗だくになるだけ。

まさに時間の無駄です。

でも自分は片ずけが苦手だし。。。一体どうすればいいんだろう。。。

 

困った時は本です!

 

いろいろ本を読んでわかったこと。

 

片付け上手になるために、自分は何がダメなのか。

 

1.物が多い。

2.物の定位置が決まっていない。

 

という事です。(いろんな本を読んだ割にはこんだけかって感じですけども) 

 

僕は興味があることが、いっぱいでいろんな物を溜め込んでいました。

服、雑誌、道具等。

 

物の定位置を決めれば物をなくす頻度は減りますが、その前に物が多すぎると定位置を決めるのも大変です。なので片付けをするにはまず、何をしたらいいかというと、

物を減らすことです。

 

そこで「断捨離」の考えが必要なんです。

不要な物を捨てるという事です。

最初はなかなか捨てることに抵抗があるんですが、

簡単なルールを決めるんです。

 

例えば、「1年間使ってないものは手放す」とか。

 

とにかく決めたルールに従って最初は1年間使わなかったものは段ボールにどんどん入れてきます。

ある程度段ボールに手放すものが溜まってきたら一度確認します。

その中にどうしても手放したくないものがあれば2,3個は元に戻してもいいでしょう。

後はゴミとして捨てるか、リサイクルショップに売りに行くか、インターネットで販売するか、とにかくその段ボールの中身を処分します。

 

そうやって使わない物をどんどん処分していくうちに、だんだん物を手放すことに抵抗がなくなってきます。そうなれば物は確実に減っていきます。

 

自分が管理できる範囲まで物を減らすことができれば、物の定位置を決める事は難しくはありません。

そうすれば、さっき言ったように物を探し回って無駄な時間を使うという事はなくなっていきます。

 

正直、まだ僕も自分の持ち物全て管理できる範囲まで減らせているわけでは無いのですが、最終目標は持ち物を100個くらいまでに減らして、ものを探すと言う無駄な時間をなくせるようにしていきたいと思っています。

 

今流行の「ミニマリスト」ってやつですね。

 

またブログでも手放した物や、なぜそれを手放してたのか、逆にこれは手放さずに大事に使っている物などを掲載していって、皆さんの断捨離のヒントとなれるような記事を書いていきたいと思います。